2018年07月07日

アントンの中心と、自然と融合したお堂



バンコクでうっきゃー、よろしくです!
僕の電子書籍はすべてKindleUnlimitedで無料で読めますー。
kindleUnlimitedへの登録はこちらからできます!
KindleUnlimitedがただいまキャンペーン中! 2018年7月17日まで。
読み放題サービスに興味がある方はチェックしてみてください〜!



ロッブリー、サラブリーと来て、アントンまでやってまいりました。
子猿は部屋でマッサージを受けるということなので、1人でバイクでアントン市内の観光に向かいたいと思います。

新しい街に来たらまずやらないといけないことがありますね。
ラックムアンにお参りであります!

新しい街に来たら必ず行くことにしているラックムアン。
街の中心となる「市の柱」であります。

ロッブリーのラックムアンはグーグルマップで探しましたが見当たらず。
あるんですかね?
サラブリーはちょっと遠すぎて断念。

アントンのラックムアンは、このホテルに行く途中で通り過ぎたんですよね。
後でじっくり来ようと思って寄らないでおきました。

そちらからまず行きましょう。
ホテルのすぐ近くです。


IMG_0055.jpg
到着。

IMG_0057.jpg

IMG_0058.jpg

IMG_9447.jpg
でかい鶏がお出迎え。

IMG_0056.jpg
クメール式の祠です。

IMG_9448.jpg
典型的なサオ・ラックムアンですね。
チャイヤプック(英名Java cassia。日本名は謎)という木でできているそうです。
手前にお2人神様が護っているのですが、看板の字が見切れてどなたなのかはわからず。
さーせん。

IMG_0061.jpg
やはりナレースワン王のお膝元だからか鶏の像の奉納が多いですね。

IMG_0062.jpg
敷地の隅には巨木が祀られていて、その横に女性の像。
看板には「ナーン・メーン」と書かれていますが、調べてみても謎。
タイではたいてい巨木に精霊が宿ると信じられております。
その精霊の一人でしょう。

というわけで、こちらを後にいたします。


アントン、ラックムアン(Ang Thong Provincial City Pillar Shrine ศาลหลักเมืองอ่างทอง)の地図。






続いては、ここから8キロほど離れたところにある、ワット・サンクラターイというお寺に行きましょう。
こちらは、自然と融合したお堂があるそうなのですが・・・

グーグルマップが示す位置に到着してもめぼしい建物がありませんね。
近くにいた人に聞くと、すぐそこだ、と隣の建物を指さされます。

IMG_0063.jpg
あ、ほんとだ、あった! 廃墟かと思ったw
名に「ワット」とつくのでお寺だと思っていたら、既に遺跡なお堂がポツリと建っておりました。

IMG_0065.jpg

IMG_0068.jpg
この手の木が絡まったお堂はタイの各地で見かけますが、ここのはなかなかデザインがいいですな!

IMG_0067.jpg
しっかりと管理されております。

IMG_0069.jpg

IMG_0070.jpg
お堂の中にはまだ新しい仏像が祀られております。

IMG_0075.jpg
ちゃんとお線香、ろうそくなどのタンブンセット売り場もあっておばちゃんが待機しております。
でも、参拝客の姿は見当たらず。

IMG_0073.jpg
裏手は運動具などもあって憩いの場となっております。

IMG_0071.jpg

IMG_0074.jpg

IMG_0076.jpg
なるほど〜、ちょっと肩透かしでしたが、諸行無常を感じさせられるスポット、ということで。
放置すればすぐ崩壊しそうなので、管理されている人も大変そうです。
アントンにお越しの際はぜひ寄ってみてください。


次は、アントンに来た一番の目的のお寺に向かいます〜!


ワット・サンクラターイ(วัดสังกระต่าย)の地図。


続く。



ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 11:32 | Comment(6) | バンコク近郊
この記事へのコメント
祠の中でしかも大きなキラキラの鶏に守られたラックムランですよね。こんだけの鶏の像は他では見れないですね。

お次のお寺は根っこが一杯ですね。アユタヤにも見れる感じですね。ある程度SNS映えしそうですけど観光客は少ない感じで穴場スポットですね!
Posted by 大阪のヤス at 2018年07月08日 22:18
こんにちは。
Java cassiaは和名は胡蝶センナかと思います。
蝶が羽を広げたような花が咲きます。
Posted by うすさ at 2018年07月09日 08:29
廃墟のようなお堂はちょっとびっくりですね。いったい、誰がお金を出して
管理しているのでしょうか。地元の方々が協力して守っているのかな?
古いものを次の世代につなぐということは、いつの時代、どこの場所でも
尊いことだと思います。うきゃ。
Posted by masami at 2018年07月09日 09:00
大阪のヤスさん

>祠の中でしかも大きなキラキラの鶏に守られたラックムランですよね。こんだけの鶏の像は他では見れないですね。

なかなか立派ですよね。
闘鶏風じゃなくて白い、いわゆる鶏のやつは珍しいですね。

>お次のお寺は根っこが一杯ですね。アユタヤにも見れる感じですね。ある程度SNS映えしそうですけど観光客は少ない感じで穴場スポットですね!.

カンボジアのタ・プロームを観ちゃうとさすがにこの程度では驚きませんw
もうひとつ、ホアヒン方面に行った旅行の帰りにもこの手のお寺に寄ったんですよ。
そこは参拝客いっぱいで大盛況でしたね。
Posted by たーれっく at 2018年07月10日 16:00
うすささん

>こんにちは。
Java cassiaは和名は胡蝶センナかと思います。
蝶が羽を広げたような花が咲きます。

おおすごい!ほんとだ!
ありがとうございます!
道端でも咲いていますかね〜。
気にかけてみます〜!
Posted by たーれっく at 2018年07月10日 16:03
masamiさん

>廃墟のようなお堂はちょっとびっくりですね。いったい、誰がお金を出して
管理しているのでしょうか。地元の方々が協力して守っているのかな?

やはり地元の方、なんですかね。
お坊さんもいないお寺ですからね。

>古いものを次の世代につなぐということは、いつの時代、どこの場所でも
尊いことだと思います。うきゃ。

人気があるのならともかく、参拝客もまばらだとこちらが心配になりますね。
僕もタンブンしておけばよかった〜。
Posted by たーれっく at 2018年07月10日 16:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: