2018年07月10日

アントンの地獄


ワット・ポーのひみつ
ワット・ポーのひみつ
kindleにて「ワット・ポーのひみつ」という電子書籍の漫画を出しました。
0円です。無料ですので、ぜひ読んでやってください〜!
読むだけでワット・ポーのことがけっこうわかる!



IMG_9457.jpg
アントンのすごい寺、ワット・ムアン!
天界の人々編に続き、地獄の紹介に入ります!

しかし、ご安心(?)ください。
ここの地獄はあまりエグくはありません。
表現もだいぶ大人しめな、マイルド地獄なのであります。

IMG_0136.jpg
地獄寺と言えばランドマーク的な、背の高いプレートと呼ばれる餓鬼も、カラフルなパンツを履いていてとてもラブリー!
決して下から覗いてはいけません。

え?見たい? しょうがないなぁ・・・

IMG_0312.jpg
実物を観に行ってみてくださいw

それでは先に進みましょう。

IMG_0133.jpg
まずは、地獄を眺める弥勒菩薩。

IMG_0130.jpg
ヤマ神(閻魔大王)が裁判をしております。

IMG_0134.jpg
地獄の釜がいきなりありますね〜。
ほら、あまり悲壮感がなくてマイルドでしょ?
なんなら、足湯に浸かって舞を舞っているかのよう!

IMG_0135.jpg
ほら! お前も足湯に浸かれ!

IMG_0137.jpg

IMG_0138.jpg
ショッカーの怪人のようなプレートのみなさん。
これは、現世での罰(バープ)によって地獄での姿が決まるようです。
しかし、戦闘ポーズを取っていて、怪人感が強すぎ!

IMG_0139.jpg

IMG_0140.jpg

IMG_0153.jpg
地獄での刑罰。

IMG_0145.jpg
地獄ツリー(トン・ンギウ)。
なかなかの大作。

IMG_0150.jpg
木の根元では犬にかみ殺されます。
上に行くとハゲタカに食われます。

IMG_0154.jpg
プラ・マーライに救済を求める人々。
プラ・マーライとは、日本では地蔵のことで、天界と地獄を自由に行き来できたそうです。
タイでは阿羅漢(悟りを開いたもの)のことだそう。

IMG_0156.jpg

IMG_0158.jpg

IMG_0164.jpg
釣り?

IMG_0166.jpg
地獄の刑罰はこれでもかというほど執拗に描かれております。

個人的にはエグさが足りなくて物足りないのですが、お子様たちにはこれでも十分恐怖を与えることができるでしょう。
地獄寺は、タイではお子様の道徳教育施設なのです。

IMG_0283.jpg
地獄の像はもっとたくさんありますが、紹介はこれぐらいにいたしましょう。






IMG_0174.jpg
ちょっとした小屋に祀られていたタキアン(コキ)という木に宿ると言われる精霊、ナーン・タキアンさん。
普段はガラスケースに入っているようです。

続いては、個人的にかなりびっくりしたエリアです。

IMG_0175.jpg

IMG_0179.jpg
こちらは、タイの抒情詩「ラーマキエン」の合戦シーン。
合戦シーンをそのままコンクリート像にしている!!
この企画をする大胆さと、それを作ってしまう実行力がすごい!

IMG_0177.jpg
ちゃんと登場人物に名札がかけられているところも親切ですね。
ハヌマーン(上)とマイラープの決戦シーン。

IMG_0178.jpg
これを見ると、ちょっとラーマキエンを読みたいって思えてきますね、たぶんw。

IMG_0180.jpg
こちらは、アユタヤ王朝時代の騎象戦でしょうね。
こんなんもコンクリで造っちゃうの??
すごい!

続いて、タイの文学のワンシーンシリーズだと思います。
ちゃんと解説の看板もありますが、文字に癖があって読みづらい上に言い回しがむつかしくてさっぱりわかりません。

IMG_0185.jpg
これは、幽霊のお話ですかね。

IMG_0186.jpg
猿を焼いている・・・
どんなシーンやねんw

IMG_0188.jpg
これはスントンプーのプラアパイマニーですね。
これだけわかります。

IMG_0189.jpg
釈迦の生涯?

IMG_0194.jpg

IMG_0200.jpg

IMG_0205.jpg
おそらくタイでは有名なシーンの数々なのでしょう。

IMG_0204.jpg
あ、じじいが若い娘をさらう?シーン!
このシーンよく見るんですよね〜。
いまだ何の場面なのかは謎です。
誰か教えて!

ふはー、ほんと、これだけ造るのにどんだけ時間をかけたのやら!
ほんとに頭が下がります!

IMG_0215.jpg
というわけで、ようやく大物、タイで一番大きな大仏とお会いしましょう〜!


続く。




ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 09:00 | Comment(6) | バンコク近郊
この記事へのコメント
お約束の地獄寺ですね。
こちらのお寺のものはかなり本格的に作られているようで
見ごたえもありますね。個人的にこういうスポットは
好きなのでまたタイに行った時に以前とは違うところを
訪問してみたいと思っています。
Posted by ま〜く at 2018年07月10日 10:47
プレートの股間にモザイクがかかっているということは、そこに映り込んで
はいけない何かがあるということですね。製作のみなさんは、こういう細かい
ところまで、律儀に誠実にお仕事をされているようですね。頭が下がります。
これを見てビビッたお子様方が、悪い道に入らぬよう祈るばかりです。うきゃ。
Posted by masami at 2018年07月10日 13:35
マイルドな表現の地獄寺とはいえこれだけ沢山の像がありますとインパクト大ですね。やっぱり木の棘の表現が行っても地獄戻っても地獄みたいなのが怖いです。

じじいが若い娘を連れ去るシーン。若い娘からすると地獄かもしれませんがじじいからすると天国ではないでしょうか?紀州のドンファンみたいな^_^
Posted by 大阪のヤス at 2018年07月11日 12:20
ま〜くさん

>お約束の地獄寺ですね。
こちらのお寺のものはかなり本格的に作られているようで
見ごたえもありますね。個人的にこういうスポットは
好きなのでまたタイに行った時に以前とは違うところを
訪問してみたいと思っています。.

アムナートチャルーンにもワットテープモンコンという地獄寺があるようですが、行かれましたか?
僕も近い将来行きたいんですけどね〜。
雨季が早く終わらないかなぁ。
Posted by たーれっく at 2018年07月13日 09:25
masamiさん

>プレートの股間にモザイクがかかっているということは、そこに映り込んで
はいけない何かがあるということですね。製作のみなさんは、こういう細かい
ところまで、律儀に誠実にお仕事をされているようですね。頭が下がります。

パンツを履かせないところがまたいいですよねw
造り手側としてはどんどん作り込んでいきたいでしょうね〜。

>これを見てビビッたお子様方が、悪い道に入らぬよう祈るばかりです。うきゃ。

子猿も本気でビビっていますから、教育効果は高いんでしょうね。
むしろ、罪を犯した奴は地獄寺に一週間ビバークとかさせればいいかとw
Posted by たーれっく at 2018年07月13日 09:29
大阪のヤスさん

>マイルドな表現の地獄寺とはいえこれだけ沢山の像がありますとインパクト大ですね。やっぱり木の棘の表現が行っても地獄戻っても地獄みたいなのが怖いです。

木の棘地獄は創造するとほんとに怖いですよね。
よくこんなことが思いつくものです。

>じじいが若い娘を連れ去るシーン。若い娘からすると地獄かもしれませんがじじいからすると天国ではないでしょうか?紀州のドンファンみたいな^_^

このじじいが何者なのかが謎なのですよ。
身内を連れ出しているのか、人買いなのか・・・
有名エピソードなんでしょうけど、いまだ謎・・・
Posted by たーれっく at 2018年07月13日 09:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: