2019年12月23日

お久しぶりです。チャアム編、スタートです!


お久しぶりです!
子猿との旅日記を再開したいと思います。

旅行記は1年ぶりですね。
いや〜、休んだなぁw

今回は、2019年1月21日から23日まで2泊3日で行ったチャアムのお話になります。
子猿と僕、Mさんとの3人旅になります。

Mさんはよく一緒に旅をさせていただく、付き合いも長いタイ常連の方ですね。
毎年乾期の時期に長期滞在するという、優雅な旅をいつも満喫されております。

チャアムはバンコクからホアヒンに行く途中にある街です。
ホアヒンは王室御用達の避暑地として有名ですね。
その手前のチャアムはまだまだ知られていませんが、静かで人も少なく穴場のビーチリゾートと言っていいでしょう!
僕らは泳ぎませんがw、ビーチの雰囲気を満喫したいと思います。

bangkokutyaam.JPG
地図での位置関係はこんな感じ。
バンコクからは約175キロの距離になります。
ホアヒンに近いですが、ホアヒンはプラチュアップキーリーカーン県、チャアムはぺチャブリー県になります。

行き方ですが、エカマイのバスターミナルからロットゥー(ミニバン)が出ております。
エカマイ・バスターミナルは都心にあるので大変ありがたいですね。
他の遠い郊外にあるバスターミナルに比べ、使い勝手もよく楽チンであります。

1月21日、朝の8時にバスターミナルに集合する約束。
みなさん約束の時間前には到着です。
子猿も遅刻は致しません。
ロットゥーのチケット購入。
いくらかは・・・すみません、たしか100バーツちょいだったと思います。

今回も旅のメモを取っていないので、写真を見ながら記憶を呼び起こしつつ日記を書いていこうと思います。

ロットゥーは子猿と隣同士の2人席を確保!
Mさんも1人用の席に座れました。
僕的ロットゥーのベストポジションは、Mさんの座ったこの1人掛けの席であります。
最悪なのは最後尾の席で、狭いです。

IMG_5213.jpg
バタバタとあっという間に席は埋まり、すぐに出発。
3時間弱でチャアム到着。
僕らを降ろしたロットゥーはそのままホアヒンに向かっていきます。






ビーチまで距離のある大通りに降ろされましたが、バイタク乗り場がすぐそこ。
バイタクを利用しようと思います。
わらわら寄ってきた運ちゃんにあたりを付けていたホテルの名を言うと、オッケー、と。
あれ?いくらだっけ?
3人で200バーツとか結構吹っかけられたんですよね、たしか。

IMG_5215.jpg
バイクで1人1台ずつと思ったら、少し離れたとこに連れていかれ、車に乗せられます。
この車がひどくおんぼろで、エアコンもなし!
吹っかけすぎだよ!

バイタク乗り場からホテルまでは約1.5キロほど。
歩くには遠い距離なんですよね。
しょうがないですな。

ホテルは予約していなく、飛び込みであります。
最近は予約が面倒なので、ホテルは飛び込みが多いのです。
予約しちゃうと行き先の気が変わった時に融通が利かなくなっちゃいますし。

僕のホテル探しはグーグルマップを活用します。
実例(iPhone)。

IMG_8109.jpg
まず、宿泊したいエリアを表示し、「hotel」で検索。
たくさんのホテルがでてきます。

IMG_8110.jpg
上のメニューの「価格」をタップし、値段の上限を指定します。
僕の場合は500バーツですw

IMG_8111.jpg
すると、その値段内のホテルが絞り込まれますので、その中からよさげなところを探します。

IMG_8112.jpg
今回はチャアム・ゲストハウスですね。
ただし、この値段は当てにならなくてw、実際にホテルに行くと違っていたりします。
なので、いつも向かう前に子猿に電話してもらって値段を確認するようにしています。
また、表示されなくてもその値段以下のホテルがあったりもします。

IMG_5217.jpg
というわけで、ホテルに無事チェックイン。
Mさんも同じホテルです。
当時は1泊500バーツでした。

ふー、やっと着いた。
まずは、昼飯を食いに行きましょうか!


つづく。

たいめし 中華街ヤワラート
たいめし 中華街ヤワラート
タイ最古にして最大の中華街、魅惑のヤワラートを完全ガイドしたグルメ漫画の電子書籍「たいめし 中華街ヤワラート」が絶賛発売中です!
何度も現地に実際に足を運び、子猿にいろいろ聞いてもらい、取材に取材を重ねて描き上げました!
内容の濃さに自信があります!
ヤワラートが好きな人も興味がそんなにない人も、この漫画を読めば奥の深いタイ飯の世界の魅力を再確認したり発見できるはずです。
ぜひ読んでみてください!
タイ好き、タイ飯好きに読んでもらいタイ!





ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 10:00 | Comment(8) | ペチャブリー
この記事へのコメント
久しぶりに復活ですね!

チャアムとはまたマニアックな場所に行かれましたね
このエリアでしたら大抵の観光客はフアヒンに行きますよね
まぁフアヒンは何度も行かれているので今更感が
あるのでしょうね

こういうところですと予約がなくてもホテルが空いて
いるんですね、小心者の私にはとてもホテルの
予約なして行くなんてできません
Posted by ま〜く at 2019年12月23日 14:38
通常ブログ再開お疲れ様です!1年くらい前のこと思い出しながらだと結構大変ですね!それが今年クラビに行ったあとだと時が経つのは早く感じますね。

チャームは日本人観光客は少なそう!我々旅行者は行くこと少ないですね。ましてホテル取らない旅はハードル高そう!またバンコクから3時間だったら飛行機で地方行くか迷うところです。
Posted by 大阪のヤス at 2019年12月23日 15:37
いよいよブログ再開ですね。待ってました。チャアムは私も予備知識が
まったくありません。楽しみに読ませていただきます。子猿ちゃんの
大活躍も期待しております。うきゃ。
Posted by masami at 2019年12月24日 08:37
ま〜くさん

>チャアムとはまたマニアックな場所に行かれましたね
このエリアでしたら大抵の観光客はフアヒンに行きますよね

ホアヒンは僕にはもう高すぎる高級観光地ですね。
チャアムは前からずっと行きたかったんですよ。
人が少ない静かなとこのが落ち着きます〜。

>まぁフアヒンは何度も行かれているので今更感が
あるのでしょうね

ここ最近の物価の上昇がえぐいですよ。
あと、バイクに乗っていると警察に切符を切られることが多いです。
左折信号に遵守とか右折がわけわかんないとこがおおいんですよ〜。

>こういうところですと予約がなくてもホテルが空いて
いるんですね、小心者の私にはとてもホテルの
予約なして行くなんてできません

地方の安ホテルは予約サイトになかったりもしますから。
家族とかで出かけるときは予約したほうがいいですね。
Posted by たーれっく at 2019年12月24日 09:20
大阪のヤスさん

>通常ブログ再開お疲れ様です!1年くらい前のこと思い出しながらだと結構大変ですね!それが今年クラビに行ったあとだと時が経つのは早く感じますね。

最近は短期間にいろんなとこに行くので記憶がごちゃ混ぜでどこがどうだったかあれ?ってことが多いです。
この後子猿と行ったラオスやウボンはばっちりメモとっています。

>チャームは日本人観光客は少なそう!我々旅行者は行くこと少ないですね。ましてホテル取らない旅はハードル高そう!またバンコクから3時間だったら飛行機で地方行くか迷うところです。

チャアムを始め、ホアヒン近辺の静かなビーチは穴場感あってお勧めなんですけどね〜。
でも、たしかに短い旅行でここに来るような人は少ないかも?
在住者か長期滞在者向けですね。
Posted by たーれっく at 2019年12月24日 09:25
masamiさん

>いよいよブログ再開ですね。待ってました。チャアムは私も予備知識が
まったくありません。楽しみに読ませていただきます。子猿ちゃんの
大活躍も期待しております。うきゃ。

お待たせいたしました〜。
久々だとブログ書くのも時間かかりますw
今回は、前半僕の寺巡りがメインで、後半子猿が大活躍する予定です。
お楽しみにです!
Posted by たーれっく at 2019年12月24日 09:27
祝 再開!
 待ってました!何とチャアムですか。約2週間後にペチャブリの洞窟寺院に寄ってからファヒン在住のタイ人プロ歌手(男性)のレコーディングスタジオに遊びに行きます。その夜、彼の娘と一緒にナイトマーケットで楽器吹いてるかもしれません。
 先生の記事は現地情報がよくわかるので大好きです。勿論、掛け合い漫才も楽しみです。
Posted by UZ at 2019年12月27日 12:59
UZさん

>祝 再開!
 待ってました!何とチャアムですか。約2週間後にペチャブリの洞窟寺院に寄ってからファヒン在住のタイ人プロ歌手(男性)のレコーディングスタジオに遊びに行きます。その夜、彼の娘と一緒にナイトマーケットで楽器吹いてるかもしれません。

おー、なんかすごい人間関係ですね。
ぺチャブリーの洞窟寺院も以前このブログで紹介しましたね。
国際音楽交流、楽しんできてください〜!

> 先生の記事は現地情報がよくわかるので大好きです。勿論、掛け合い漫才も楽しみです。

前半は僕の寺巡りが多めですがご勘弁を〜。
徐々に子猿も活躍するので、お楽しみです。
Posted by たーれっく at 2019年12月28日 11:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: