2012年02月26日

リアルタイム報告 入院

不安の夜を過ごします。


バイクのキーが無くてどうやってあのバイク返しに行こう?
修理費は?
iPhone無くしちゃった・・・
右手が使えなくて仕事は?
そしてここの入院費は?
いつまでここに居なくちゃいけないの?

頭の中で心配事がグルグル巡ります。
加えて全身に激痛が襲います。
一センチも身動きできないんです。
寝返りうちたくても不可能、ずっと同じ姿勢を強いられます。

看護婦さんたちはほぼ一時間おきに夜中でもきて、血圧と体温を計っていきます。
注射も何本も打たれます。
体起こせないのに薬飲ませれて、水が気管支に入って死にそうになりました。

そうして、全く体を動かせずに、ほとんど眠れなかった長い夜が開けます。


事故ってさえいなければ楽しいパタヤの夜なのにー。



朝方看護婦さんに、◯◯というホテルの◯◯号室に友人がいるから、そのホテルに連絡して僕がここにいることを伝えてくれ、と頼みます。

暫くしたら友人から病室に電話が。

なにやってんですか? 結局入院ですか?

と呑気な声。

ああ・・・僕もこんな目に合わなければ彼のように呑気でいられたのに・・・

なんで連絡くれないんですか?

と言うのでiPhoneも携帯も無くした旨を伝えます。

彼が回収してることを期待してたんですが、知らないそうです。

がっかり。

バイクのキーも・・・

あ、それは僕が持ってます!

あ、やった! これだけは助かった!

じゃあ事故現場行って携帯とiPhone落ちてないか見てきますよ。

電話かけると鳴ってるので、拾われてないかもしれませんよ。

ああ、頼れるのは友人ですなぁー。
よろしくお願いします〜。

見つかりますように!
少し光明が見えてきました。

そして朝方、も一ついいことがありました。
ここの病院でダントツにかわいい看護婦さんが全身を拭いてくれたのです。

あそこはやってくれないだろうな、と思ったんですが、ちゃんとキュッキュとふいてくれましたよ!

キュッキュッ、キュキュ〜っとね!

見てないですよ。

だって!


天使や・・・
見てもええのに・・・w

思わず関西弁になってしまうほど嬉しかったです。
てへ(*^_^*)

でも、その後は違う看護婦さんばかり。
もちろんあそこは拭いてくれません。
まあ、おばちゃん看護婦さんに拭いてもらっても微妙ですしねー。


友人が病室に来てくれました。
やはり携帯もiPhoneも見つからなかったそうです。

バイクどうしましょうね・・・

言うと、

あ、バイクはホテルまで持ってきました。

とのこと。

え? どうやって?

昨日PBした女に頼んで一緒に行ってもらって、乗って帰ってきました。
彼女にも一緒にiPhoneさがしてもらったんで、今度もしあの子に会ったらチップあげてくださいね!

とのこと。

おおお!
ありがとうー!
本当に助かります!

不幸の中にも、少しづつ希望が見えてきた瞬間です。
頼れる友人がいてよかった!


続きます。



ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 20:59 | Comment(26) | TrackBack(0) | パタヤ