2014年03月24日

子猿とプーケットミュージアム

プーケットタウン

ミートンポーでお腹いっぱい!
プーケットタウンの観光に向かいましょうか。

プーケットタウンは小さな街で、歩きでも半日あれば観光できちゃうそう。
今日で街の見どころは回っちゃいましょう〜。

ということで、まずはこの近くのプーケットミュージアムに行くことにいたします。
すぐ近くみたいです。

p-musium.png
地図の辺りまでバイクでゆっくり行ってみたんですけど、ん?どこだ?
それらしき建物は見当たらないぞ??

あ、ミュージアムって英文字見つけた!
横道に入ってみますと、あった! ここか!

phuket140106 130
しかし、チケットカウンターらしきとこには誰も人がいません。
というか、中をのぞいても人影はなし。

おーい!

子猿がちゃかちゃかーと中に入っていって人を探すと、のそのそと係員がだるそうに出てきます。
写真でみえるとことは別のカウンターを使ってるみたいですね。
そこで入館料 30Bを払います。

中に入ってみますと・・・

phuket140106 132
あれ? これってホテルのロビーそのまんま?

このプーケットミュージアムって、タボンホテルというホテルのロビーの一角をそのまま博物館にしたみたいです。

phuket140106 142
これ、表通りから見たタボンホテルの入口。

ていうか、入館料払わなくても表から堂々と入れるんじゃ・・・

phuket140106 131
レセプションのカウンターも現役みたい。

おそらく、古いホテルだったここの骨董品をそのまま博物館にして展示した、といった感じ。

phuket140106 135
当時のスーツケースとか。

phuket140106 133
ロビーはすばらしく立派でしっかりとした建築様式。

phuket140106 141
階段とか惚れ惚れします。
手摺り部分の色艶とか素晴らしいですね。

phuket140106 134
もちろん、現役で使われてるみたいです。

横の部屋がちょっと薄暗くて展示スペースになってます。

phuket140106 138
当時のがらく・・・骨董品が数多く展示。

phuket140106 139
ていうか、普通に粗大ゴ・・・骨董品ですw

phuket140106 140
いきなりワニの骨格標本があって、子猿素でびっくりしてましたw
いつもびくびくしている子猿です。

ていうか、このワニこの近所にいたやつ??
ワニが生息してるの?

生活に密着したレトロな展示物も多く、そういうのが好きな人にはなかなか見応えがあるかも。
昼間のちょっとした暇つぶしにはいいかと思いますです。


では続いて、プーケット・タイファミュージアムというのにも行ってみましょう〜。


続く。


ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 10:16 | Comment(10) | TrackBack(0) | プーケット