2017年06月14日

スリンの謎の多い宿泊ホテル

象祭りを見に、タイのイサーン地方の街・スリンにやってまいりました。
バスに揺られて6時間45分であります。
疲れた!

今回の旅行は、メモを一切取っていないので(いつもはしている)細かいことは忘れております。
写真を見ながら記憶を呼び起こして書いていますので、細かい値段などは適当だったりしますが、悪しからず・・・

来る前に軽くネットを見ると、象祭りの期間はスリンの街をたくさんの象がねり歩いている、みたいなことが書かれておりました。
しかし、バスターミナルに着くまでの間、3頭だけ歩いてるのを見かけたのみです。
あれ〜、もっとそこら中で歩いてるのを期待してきたんですが・・・

バンコクでも、僕が初めてタイに来た2008年から10年くらいまでは街中をよく象さんが歩いてるのを見かけました。
ソイナナやソイカウボーイを始め、スクンビット通りを我が物顔で歩いてよく渋滞を招いておりましたw
象乗り入れ禁止になるのは時代の流れ的にも仕方がないのですが、消えていったタイらしさのひとつですな。

IMG_1243.jpg
さて、予約したホテルに向かいたいと思います。
待機しているトゥクトゥクのあんちゃんらに声をかけます。
宿泊するホテルの名前、「メトロ・レジデンスホテル」といっても誰も知らないみたいです。
iPhoneアプリのグーグルマップにもこのホテルは出ていないんですよね。
アゴダのバウチャーを見せると周りの運ちゃんらが集まってきてちょっとした会議になります。

ブンティアン・マンションじゃねーの?

ということで、とりあえず出発することになりました。

祭り期間中とは思えないくらい静かな市内を走り、その場所へ。






IMG_1244.jpg
あ! ここ! 看板にメトロ・レジデンスってちゃんと書いてある!
間違いない!

運ちゃんは、

やっぱりブンティアン・マンションだ

なんて言っています。
どういうこと?
乗車賃(失念、たぶん100B)を支払い、子猿に運ちゃんの電話番号を聞いておいてもらいます。
トゥクトゥクも街中に少ないので、いざというときは呼び出しをしようと思います。

IMG_1245.jpg
入り口前の若干微妙なプラ・メートラニーさんの像が目印。
受付のカウンターへ。

受付、若い女性だったんですけど、このおねーちゃん、とても手際が悪いんです。
最初「予約は入ってないです」なんて言いやがってひと悶着。
バウチャーもありますしね、なんとか部屋のカギをもらいます。

子猿が、「なんでこのホテルは名前が2つあるうきゃ?」と聞いたら、完璧なホテルじゃなく住んでる人もいるようで、その人らはブンティアン・マンションという名を使い、ホテルとしてはメトロ・レジデンスという名を使ってる、みたいな説明をしていました、たぶん。

「この近くにレンタルバイク屋ありますか?」と聞きますと、「知らない」というぶっきらぼうな返事。
「明日の象祭りの会場はどこですか?」と聞くと、これも「知らない」って答えやがります。
おいおい!
街の地図を渡されます。
「ここがこのホテルです」、と現在地だけ教えてくれました。

部屋に入って子猿大激怒!

あの接客はなんだうきゃー!
ホテルの人は最低限のことは知ってなきゃダメうきゃー!
ぐずぐずしてるし、バカうきゃー!!


怒り炸裂であります。

まあまあ。
たぶんお祭り期間の助っ人として臨時に呼ばれた子なんだよ。

と、なぜか僕がなだめております。
ふはー。


部屋は、かなり年季が入った殺風景な部屋。
上の写真クリックでアゴダページへ。ホテル詳細はそちらで。

しかし、またしてもバイクがない状況であります。
困りましたな・・・

さっきのトゥクトゥクを呼び出して、レンタルバイク屋があるか聞いて連れて行ってもらいますか!

子猿に運ちゃんに電話してもらい、バイク屋探しに向かいます。


続く。


ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!
タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 12:50 | Comment(6) | スリン