2017年10月31日

リペ島に向かう船着場にて


タイ南部の街、ハジャイ。
翌朝、2017年4月5日であります。

子猿は爆睡していますので、一人朝食を食べに行きます。
やはり、飲茶ですね! というか、バクテー。

IMG_6382.jpg
適当にホテルに近いこのお店で。

IMG_6381.jpg
チョークディー・ディムサムほどではありませんが、安定に美味しいです。

IMG_0828.jpg
関係ないですけど、このお店にあったクロスタービールのロゴ入りティッシュ入れ。
クロスタービールってタイのビールですけど、僕は実は実物見たことがないんですよね。
タイに来はじめた2008年ごろにはもう姿を見なくなっていた、僕にとっては幻のビールであります。

IMG_0829.jpg
満腹で部屋に戻り、子猿を叩き起こして、8時45分にはホテルをチェックアウトであります。
この日からリペ島に向かいます。
9時にホテルまでお迎えが来る予定。
ホテルのロビーで待ちます。

IMG_0830.jpg
ほぼ定刻にお迎えのロットゥー(バン)が来ます。

IMG_0831.jpg
乗り込みますと、ほぼ満席で一番後部の座りにくい席しかあいていません。
ちぇっ。

IMG_0832.jpg
仕方なくそこに座って2時間。
ようやくパークバーラー船着場に到着です。

IMG_0833.jpg
しかし、ここで降ろされたのは僕と子猿の2人だけで、みなさんはそのままどこかに行ってしまいました。
どこに行くの??

IMG_0835.jpg
船着場の入り口を通ろうとすると呼び止められ、1人20B徴収されます。
なんだよそのお金、聞いてないぞ!
細かくせこく請求してきますな。

この入口から船着場までの通路が200メートルほどありますが、お土産屋や屋台が並んでいます。
屋台は美味しそうですな。

IMG_0836.jpg
船着場の建物。
この後どうすりゃいいの?

エアアジアのカウンターが入ってすぐの便利なところにあります。
やはり大手資本は違いますな。
僕らは指定されたツアー会社のカウンターに行かなくちゃいけないんですけど・・・どこ?

IMG_0837.jpg
一番端っこの、一番小さなカウンターでした。

IMG_0839.jpg
ここにバウチャーを出して船のチケットと番号札をもらいます。

IMG_0840.jpg
これがチケット。帰りの分も。

これら一連の手続きは子猿が黙々とやっていまして、僕が「どうなってる?説明しろ」と聞くと

たーれっくは黙ってろうきゃ!
わたしがちゃんとやるうきゃ!


と切れ気味に言われます。
「なんだその言い方は! 俺は聞いてるだけだろ!」と待合所でケンカです。

どうやら待ち時間が長いようですね。
子猿が

さっきの屋台でソムタムが食いたいうきゃ!


というので、屋台に向かいます。

IMG_6383.jpg
お土産用にソムタムを注文。

IMG_0841.jpg
おお、ガイヤーンも美味しそう!
僕もいくつか買いましょう。

それとですね、これから船に乗る地元の人っぽいタイ人が水のペットボトルを大量に買っているんですよ。
そうか、島は水が高いんだな、と思い、僕もでかいペットボトルの水を買っておきます。





IMG_0845.jpg
ようやく船が来たようです。
番号札で乗る順番が決まっているので、焦る必要はありません。
これってやはり横入りする人が多いからとられた措置でしょうな。

IMG_0846.jpg
スピードボートですね。
荷物は預けられるようです。
僕は預けて、子猿は預けないで乗り込みます。

IMG_0847.jpg
番号を呼ばれて、乗り込みます。

IMG_0848.jpg
比較的早い番号の僕ら、どこの席にしましょうね。
適当に席を確保。

IMG_0849.jpg
しまった!
あの運転席の隣にすればよかった!
ボートの横の壁が高いので、座ると景色は全く見えないんですよね。

それでは、リペ島に向け出発です!
悪夢のようなボートツアーのスタートです。


続く。


パーク・バーラー船着場の地図。



ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!
タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 10:00 | Comment(6) | リペ島