2018年07月19日

タイの田舎の鳥、そしてうすピンクのガネーシャ


アントンのお寺を出て次の目的地、ワット・ピクントーンへ。
約11キロの距離ですね。
シンブリー県に突入いたします。

IMG_0399.jpg
シンブリーに入ると、田舎だった道がさらにのどかになっていきます。
道はすごくきれいなんですけど、周りの風景が見渡す限り田んぼであります。
車も全く通らないし、快適と言えば快適。
ツバメもひゅんひゅんと気持ちよさそうに飛んでおります。

うきゃ! 旨そううきゃ!

子猿がツバメを見てひと言。
食うのかよ!

当たり前うきゃ!
旨いうきゃ!


日本で焼き鳥と言えば鶏一択ですけど、タイではいろんな鳥を食べるようです。
僕が住むコンドミニアムの近所でも、焼き鳥屋台が煙をモクモク出して商売しておりますが、買って食べてみると小骨が多くて明らかに鶏とはとは違う肉。
いったい何の鳥でしょうね〜??

大きなサギのような鳥が田んぼに4〜5羽舞っております。
それを見て子猿は大興奮です。

鳥鳥鳥鳥鳥うきゃ〜〜〜〜っ!
すごく大きいうきゃ!
大きいうきゃ〜!
どうして誰も捕まえないうきゃ?
めちゃくちゃ美味しいうきゃ!
うちの田舎だったらみんな競うように捕まえてるうきゃ〜!
捕まえたいうきゃ〜


あれも食うのかよ!
子猿の田舎では、動物たちもサバイバルが大変そうです。

うぎゃっ!

静かになったと思ったらまた後ろで暴れる子猿。
どうした?

今、すごくデカいトゥアヒア(ミズオオトカゲ)が道端にいたうきゃ!
気づかなかったうきゃ?
2メートルはあったうきゃ!
びっくりしたうきゃ!


なんて言っています。
しまった、観損ねた!
引き返してみようかと思いましたが、面倒なのでやめておきます。
あれも食べる・・・んでしょうね、きっとw
というか、トゥヒアって言っちゃダメ! 
下品なので、トゥア・ングントゥアトーンって言いなさい!






IMG_0366.jpg
しばらく走ると、急に広くてきれいなまっすぐの道になります。
その先には大仏様が!
1.3キロの距離があるようです。
すごいなぁ、ここ、絶対週末の夜は近所のDQNどもの格好のたまり場でしょうね。
ゼロヨン勝負など、ワイルドスピードな世界が繰り広げられているに違いありませんな。

タイでは今、ちょうど日本の80年代90年代な感じでして、珍走団が爆音立てて走り回り、学園同士の抗争で暴力事件がおきまくっております。
ろくでなしブルースな世界ですが、こぶしで勝負ではなく、銃が出てくるのが日本と違うところ。

IMG_0367.jpg
ようやく到着です。
でも目的はここではなく、すでに見えている右にある大きな像です。

IMG_0368.jpg
突き当りを右に行くと池があって、その中央にはガネーシャ像!
うすいピンクのガネーシャですな。
高さ4.5メートル。

ここの周りのスピーカーからはヒンドゥー・マントラの音楽がエンドレスでかかっております。
超ヒンドゥー色が強いですな。
これって、在住インド人向けなんですかね??
そんなにインド人いる?

子猿は池の周りからガネーシャとのツーショット写真を撮りますが、近くには行こうともしません。
僕はもちろん行けるところまで行きます。

IMG_9511 (1).jpg
ぐるりと一周。

IMG_0371.jpg
このガネーシャ像を囲むようにしてヒンドゥー教の神々の像が並びます。

IMG_0374.jpg
中央はなかなかかっこいいガネーシャ像。

うむ、目的はこのガネーシャだったので満足ですが、先ほどの大仏も立派そうなのでそちらも見て行きましょう〜。


続く。



プラ・ピカネート ワット・ピクントーン(พระพิฆเนศ วัดพิกุลทอง พระอารามหลวง)の地図。



ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 10:28 | Comment(2) | バンコク近郊