2020年01月06日

ソーラー焼き鶏のお店


ぺチャブリー、バイクで寺巡り。
ぺチャブリー市内に入ってまいりました。
お腹もすいたので昼食を食べようと思います。

ずっと以前よりぺチャブリーで行きたいお店があったのですよ。
何百枚もの鏡を使い、太陽光を反射して焼いたガイヤーン(タイ焼き鶏)が話題のお店です。
ソーラー焼き鶏として日本のテレビでも何回か取り上げられたことがあります。


YouTubeにもありました。
よかったらどぞ。

このお店、街の中心部にもほど近いとこにあるので行きやすいのです。

IMG_0760(Edited).jpg
お、こちらですな!
でも、あれ? でかい太陽光反射鏡が見当たらないぞ?
看板には「ソーラー焼き鶏」って日本語でも書いてありますが、ほんとにここ?

IMG_0761(Edited).jpg
とりあえず席に着き、ソムタムにガイヤーンという定番イサーン料理を注文。
お味は普通に美味しい。
でも、ガイヤーンはもうちょっとジューシーなほうが僕の好みかな〜。

しかし、肝心の反射鏡が観られないんじゃここに来た意味がないですよ。

さっきから店員のおばちゃんもちらちらと僕のほうを見ています。
僕は典型的日本人顔ですから、「日本人が来てるよ」って好奇の目で見られているようです。

意を決し、会計時おばちゃんに、「鏡はないんですか?」と聞いてみると、「やっぱり日本人だ! ちょっと待って!」と裏の方へ。
真っ黒に日焼けしたおじさんを呼んできました。

この人、日本人だよ! タイ語もしゃべれるよ!

おー、そうか! んやんにゃ〜〜!(解読不明w)

かいつまむと、

今ここにはない、ここから2キロほどのとこにあるからバイクで来てるんなら連れて行ってやるからついてこい、

とのこと。
え、まじ? ぜひ見たいです!






おっちゃんのバイクの後についてその場所に向かいます。
でも、全然2キロじゃないw
Googleマップで測ると4.5キロ。
何もない田んぼの真ん中にある空き地がおじさんの調理場のようです。

IMG_5425.jpg
ここですな。
看板も掲げられています。
柵を開けて中に入ります。

IMG_5426.jpg
あった! でかいのが2基。
店頭じゃあ火事の心配もあるから、人家のないここで調理しているんでしょうな。

いつも午前中に鶏を焼いているから、今は焼けないぞ
でも実際に使って見せてやる

といってわざわざセッティングし実演してくれました。

IMG_5430.jpg
こちらは鍋ですね。

IMG_5431.jpg
鍋に水を入れ下の鉄板に太陽光を当てると、瞬時にぐつぐつと鍋の水が煮えかえります。

これでいつも鶏を焼いているんだ

IMG_5427.jpg
そう言って鶏焼き器もセッティングしてくれるおじさん。

IMG_5441.jpg
新聞紙を置くのですが、今度はなかなか火が付かない。

全然燃えないっすよ。
手を近づけるとめちゃくちゃ熱いんですけどね。
おじさんも後に引けないのか燃えるまで諦めようとしません。

IMG_5449.jpg
15分ほど光を当て続け、やっと燃えましたよ。
おじさんにもようやく笑顔が。
よかったよかった!
でも、そんなんでいつも鶏はちゃんと焼けるの?
まあ、たまたま調子が悪かったんでしょう。

IMG_0769.jpg
写真を撮らせてとお願いするとひょうきんポーズのおじさんです。
優しくてノリのよい方でした!
ぺチャブリーに行った際にはぜひおじさんの焼鳥屋に行ってみてください!


ガイヤーン・パランセーン・アーティット(Solar Roasted Chicken Thailand)の地図。


焼き場の地図(だいたい)。

おじさんにお礼を言い、次の目的地に向かいます。


つづく。


ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 10:00 | Comment(6) | ペチャブリー