2017年06月16日

リキシャーのおじいさん

タイ、東北地方の県、スリンに来ています。

ナイトマーケットで買い物も完了。
さて帰りですけど、どうしましょう?
グーグルマップで確認すると、ホテルまで1キロぐらいですね。
歩けない距離ではないです。

絶対歩きたくないうきゃー!

子猿様はいつものように猛反対。
見ると、ナイトマーケットを出た通りにたくさんのリキシャー(自転車タクシー)が待機しております。

あれに乗りたいうきゃー!

はいはい、しゃーないな。
その前に、ちょっと待ってね!
セブンが見えたので、そこまで行って瓶のチャーンビールを数本購入。
セブン前にもリキシャーの運ちゃんがいてぼーっとしていたので、子猿がすかさず声をかけます。

IMG_1271.jpg
うーむ、これに乗るのか・・・
けっこうおんぼろだし、運ちゃんもすごいおじーさん。
大丈夫か?

子猿と乗り込むと、座席はきゅーきゅーであります。
ケツがでかくてサーセン。

のんびりーーーなスピードで走り出すリキシャー。
運ちゃんも重くてしんどそうです。

あそこは○○だよー、そこは○○だよーと、ぜーぜー言いながらもいろいろ説明してくれます。
「あそこはタワンデーンだよー」とひと際明るい派手な建物を指さすおじーさん。

IMG_1501.jpg
え?タワンデーン!? スリンにもあるんだ!
タワンデーンとはディスコなレストランですね。
バンコクにもあるし、各地方に行ってもよく見かけます。

ホテルに到着。
100Bでした。

ホテルに入ってから「高いよ!」と文句を言ってたら、

あのおじいさんは高齢なのに頑張って働いてるうきゃ!
説明もいっぱいしてくれたうきゃ!
チップと思って払ってあげるうきゃ!


と子猿にたしなめられます。
まあ、祭りの稼ぎ時でもあるでしょうから、しょうがないですな。
(追記:自転車タクシー、リキシャーのタイでの呼び方は、サムロー・パンだそうです)






あ、ビールのふたを開ける栓抜き、持ってきてなかった!
レセプションで借りましょう。

受け付けで暇そうにしているおばちゃんに「栓抜きないですか?」と聞くと、面倒そうに受け付け横のジュース販売ケースの脇を指さします。
そこには、ひも付きで栓抜きがあります。
なんだよ、ここで開けろってか?
普通そのまま貸してくれて、部屋まで持っていけるでしょ?

仕方なく1本だけここで開けて部屋へ戻ります。
もう、このホテルは・・・


部屋で、ナイトマーケットで買ってきたものをいただきます。

わたしにもビールうきゃ!

最近酒量が増えてきた子猿も、ビールがぶ飲みであります。

む、2本目のビールのふた、どうしよう?
仕方ない、歯で開けるか・・・

子猿は今、歯を矯正中なので歯で開けることはできません。
僕も以前はよくやっていたんですが、一度失敗しかけて歯が欠けそうになったので、怖いんですよねー。

いいうきゃ、貸すうきゃ!

そういって子猿のやつ、ベッドの脇の木枠のとこにふたの部分をひっかけて、強引にシュポッと開けております。
少し木に傷がつきます。

おい! 傷がついちゃってるぞ!

そう注意すると、

ざまあみろうきゃ!
栓抜き貸さないほうが悪いうきゃ!


と不敵な笑みを浮かべる子猿。
悪いやつだ!

と思いつつも、3本目も同じ方法で開け、夜は更けていくのでした・・・

というか、まだ夜の8時とかなんですよね。
さすがに夜が早すぎる!
そう思い、ちょっと夜の散歩でもしようと外に出てみたら・・・

IMG_1272.jpg
うぎゃ! ホテルのすぐ外は野良犬の群れ!
こっち見てる!
すごすごと部屋に戻り、ふて寝するのでした。

明日は象祭りの本番!


続く。


ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!
タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 10:00 | Comment(6) | スリン